プルーフ ローリング 試験。 プル−フロ−リング試験について

「プルーフローリング試験」に関するQ&A

👍 また、路面の沈下などの変形が大きい個所を目視でチェックします。 1)最適含水比から 乾燥側に大きくかたよっている場合 締固め不足であっても大きなたわみも生じなく、非常に良好な外観を呈するため、 良好に締め固まっていると誤った判断をしやすい。

6

【工事監理】プルーフローリング【特別保存版】

😍 また、目視によるチェックで見つかった変形箇所の位置を記入しましたら、別様式に整理しましょう。 ぜひ、この記事でご紹介したプルーフローリングを測定するときのポイントや、不良箇所がある場合の対処法、プルーフローリング測定時の天候についての判断方法などを参考に、プルーフローリングについて理解を深めてみてはいかがでしょうか。

17

現場代理人ホームページ

☯ プルーフローリングについて知ろう 施工が完了した道路には最終チェックとしてプルーフローリングを実施する必要があります。 そして悪そうなところについて、上記のたわみ試験で測定します。 今回は番外編ということで、工事監理に関する記事を書きました。

13

現場代理人ホームページ

☢ ベンケルマンビーム測定器の例 ー S046 ベンケルマンビームによるたわみ量測定方法( 舗装調査・試験法便覧 (平成31年度版)〔第1分冊〕(公社)日本道路協会) 図5 ベンケルマンビームによる測定状況 ー FRPM管の浅層化埋設実験 宮痍 徹、福岡 義嗣、車 淳 一 クリモト技報No. 質問一覧• 粒状路盤の場合 (2)粒状路盤の場合 1)追加転圧として、追加転圧用の荷重車により 3回以上転圧する。

【工事監理】プルーフローリング【特別保存版】

💓 ここでは、プルーフローリング測定時に不良箇所がある場合の対処法をご紹介しますので、どのような対処法なのか参考にされてみてはいかがでしょうか。 また、乾燥している路床、路盤面に対しては、試験開始の半日ほど前に散水して、路床、路盤面を湿潤な状態にしておいて試験を行う。 しかし、この試験には、 (1) 荷重車通過時の輪荷重の影響により,ベンケルマンビームの支持脚が沈下する (2)荷重車(8t シングル車)の減少により調達が困難である (3)複輪の荷重調整が難しい (4)荷重車の走行速度にバラツキがある (5)試験作業の安全上の問題 (6)試験条件を満たすために荷重車を過積載にする必要がある などの問題点が指摘されている。

8

「プルフローリング」に関するQ&A

✋ 2)粒状路盤の場合 追加転圧として,追加転圧用の荷重車により3回以上転圧し,観察により不良箇所を確認する。

11

プル−フロ−リング試験について

👐 ベンケルマンビームによるたわみ量測定方法の説明 ベンケルマンビームは基準台から2m40cmの長さの測定アームを伸ばしてゼロセットし、そこに後軸片側4輪が配置されている2輪駆動型タンデム型荷重車を所定の輪荷重 5t と空気圧 686kPa で載荷した際のたわみ量を測定する方法です。