ボールド ルーラー 系。 ボールドルーラー系

大阪杯はボールドルーラー系|じゃんぽけ|note

👇 その後1980年に殿堂入り。 しかし今回はギャラントマンが本馬を2馬身差の2着に破って勝利(クレムが3着だった)。

10

黒船賞2021予想 ボールドルーラー系が大活躍!今年も該当馬います│【血統フェスティバル】競馬予想ブログ

⚡ しかし、8. 3歳時は低迷したものの、4歳になってなどに優勝している。

16

ボールドルーラー系

😆 プロミスドランド( Promised Land)は1954年生のパレスティニアン産駒の牡馬。 兄とは逆に早熟馬で、2歳時にガーデンステートステークスやシャンペンステークスなどで7戦6勝の戦績を収め、同世代のやらを抑えて1966年の最優秀2歳牡馬に選ばれている。 日本のダート界では、エーピーインディ系とフォーティナイナー系が2大勢力です。

19

黒船賞2021予想 ボールドルーラー系が大活躍!今年も該当馬います│【血統フェスティバル】競馬予想ブログ

☺ 前半4ハロンで46秒40というハイペースで、フェデラルヒルが脚を使い果して下がっていくなか、アイアンリージは鞍上のが合図をかけるものの反応は鈍く、一方でボールドルーラーは止まることなくゴール、1分56秒20のタイムで優勝を手にした。 種牡馬としての成績が顕著で、産駒498頭のうち300頭が勝ち上がり、50頭がステークス勝ち馬となっている。

10

ボールドルーラー

🚀 米ブラッドホース誌が企画した20世紀米国名馬100選で第19位。 ボールドビダー( Bold Bidder) 1962年3月22日生まれの牡馬。 この競走でボールドルーラーはラウンドテーブルとギャラントマンよりも2ポンド軽い斤量が課せられており 、これはボールドルーラーがこの距離での実績が薄かったことに起因していると考えられた。

6

ボールドルーラー系

🙂 前述の通り飛節の見てくれが悪かったために当初は期待されず、ガーデンステートステークスの予備登録も行っていなかったが、後になって10,000ドルの追加登録料を払って出走に漕ぎつけた逸話を持つ(Robertson p. ボールドルーラー系(ボールドルーラーけい、Bold Ruler Line)は(主に)の(父方の)の1つ。 133ポンドのトップハンデを課せられたボールドルーラーであったが、それでも16ポンド軽いクレム 相手に1分09秒00のタイムで優勝している。 3歳初戦は1月30日のでのバハマステークス(7ハロン)で、ここでは126を積まれながらも、12ポンド軽い相手に4馬身半差をつけ、1分22秒00のトラックタイレコードで優勝した。